知らなきゃ損!20代の男性の薄毛対策に早いなんてない!

薄毛に悩んでいるけど「自分にはまだ早い」なんて悩んでいるあなた!薄毛対策に「早すぎる」なんてありません。まずは生活習慣を整えて育毛シャンプーや育毛剤を使うことも視野にいれておきましょう。
MENU

20代のうちから薄毛対策を行うなんて早すぎる、
まだ若いから大丈夫だと思っていませんか?20代の男性の薄毛対策に早すぎる、

 

なんていうことはありません。
後々年をとってから後悔する前に、薄毛対策を始めてみましょう。

 

20代の男性の薄毛の多くは、生活習慣が乱れていることが原因だと言われています。

 

週末になると朝まで友達と飲んでいたり、夜遊びやパソコン、スマホなどを見ていて寝不足のまま仕事や学校に行く、
というような生活は自律神経のバランスを崩してしまう大きな原因です。

 

自律神経のバランスが崩れてしまうと身体は常に緊張状態に陥ってしまい、
血管が収縮してしまい血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると髪の毛の元となる頭皮の毛乳頭細胞に
必要な栄養素や酸素が行き届かなくなります。

 

また、夜遊びをしていてそのまま寝てしまい、出かける前にシャワーを浴びて髪を洗う、
というような生活をしていると、頭皮に1日分の皮脂や汚れをくっつけたまま眠ってしまうことになるので、
頭皮の雑菌が増殖して炎症を引き起こしやすくなったり、毛穴に皮脂が詰まって酸素が不足してしまうこともあります。

 

皮脂は頭皮を守る役目もあるのですが、朝の短い時間にシャンプーをしてすぐに出かける、
というような生活を送っていると、直射日光の刺激が頭皮に直接届いてしまうのでダメージが与えられてしまいます。

 

しっかりと睡眠をとったり規則正しい生活とバランスの取れた食事、育毛シャンプーや
育毛剤を使用することは簡単にできる薄毛対策の一つになります。

 

 

薄毛になってしまう原因は生活習慣だけではありません。
体内に5αリダクターゼという酵素を多く持っている人は、前頭部や頭頂部の脱毛や薄毛に悩まされやすくなります。

 

5αリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する働きがあります。
ジヒドロテストステロンは髪の毛の細胞分裂を抑制する働きがあるため、本来ならまだ伸びていくはずの髪の毛が伸びなくなり、
抜け毛を引き起こしてしまい5αリダクターゼが多くある前頭部と頭頂部の髪が薄くなってしまいます。

 

 

5αリダクターゼの働きを抑制する育毛シャンプーや育毛剤を使用することで薄毛の予防と改善効果が期待できます。
20代からの薄毛対策は早すぎではありません。出来る事から行っていくことで薄毛を抑制したり、
薄毛になってしまう時期を遅らせることも可能になってくるのです。

 

http://xn--cck1cgb2hc3f4934aokwaurz.com/

 

 

http://xn--cckb7dyfngm47x1u2c.xyz/

 

このページの先頭へ